ついていた特典をねらって、だったり持っているとずっと使いでがあるクレジットカードであるならばともかく、持つメリットもないのに、年会費まで払わなければいけないようなカードを仮に持ってあるのだとするとそのキャッシングは契約解除してしまったほうが良いです。その目的とは、クレジットカードを所持するという事により後で言う部類の懸念が現れてしまう事がなくはないという事からです。いらないクレジットカードの出費が必要になってしまう■クレジットカードというものは持つだけでも年会費といった支払わなければいけない料金が発生するカードが存在します。こういったクレジットのケースの時一年間通算しても全く利用することがない場合であっても会費が支払い対象になってくるので、使わないクレジットカードを持っておき、忘れるということ自体がいくらかのコストになってしまう事が多いのです。当然ではありますが契約変更をすれば無駄な費用の発生はなくなるという事に基づき、必要でないクレカはとっとと契約変更してしまう方が無難だと示せると思います。さらに年会費が無料カードの中にもクレカを利用しないと払わなければいけないお金が必要になってくるといったような契約された事項が示されている類もある可能性は否めないという根拠で意識を向けた方がいいです。