未返済金が存在しているクレカの使用不可能化にも注意》ボーナス払いやリボ払い、キャッシングといった未払いのお金への精算が引き続いて終わっていない状態で解約ということを実行すると当然のお話とは言えますがクレジットカードの使用取りやめの際に返済残額について一括払いを催促される例もあったりします(例えば返済が未完了の債務を解約を行ってしまいたいというなら一気に払ってくれといった風に言われる)。現在のフトコロ事情に余剰がすぐに使える形で存在する状況であれば問題ないけれども余裕が不十分な時期にそういった使用不可能化ということをやってしまうのは向こう見ずすぎるなどとも思われるのでちゃんと払い渡しが一息ついてからクレジットの使用取りやめを行うように考えた方が不安がないと思います。解約に及んだ際一体どれくらい所持しているクレジットカードを買い物に使って支払うべき金額がどれくらいかを用心しつつ見極めた結果納得して使用取りやめを実行に移して頂きたいものです。解約にかかる金額というものが払わせられるクレジットカードも稀に存在〉2010年現在、大変特異な場合となってはいますが、稀にカードで契約失効手続き上のマージンという退会費用が発生する場合があります(一部のVISAカードなど)。とてつもなく限定された場合と言えるから全く考えなくとも不都合は生じないと言えますが、クレジットカードを使用登録してから定められた間の段階で無効化するときなどに無効化にかかる金額が求められるシステムが出来上がっているので上記のような使用不可能化のための代金を払い込みたくないというならば契約書などで定められた月数が経過するまできちんと期限を過ぎてから無効化するようにする方が余計なお金がかからなくて済みます。ちなみに頭の隅に残してもらいたいことですが、このような場合は使用取りやめする際にカスタマーセンターの担当者サイドより通告ないしは注意に類するものが当然のこととして言われるはず。何も告知がまだのうちにいきなり解約上の必要経費などというものが口座から差し引かれるということはない話ですから、気軽に使用不可能化をコールセンターに願い出て頂いて、持っているカードについて無効化のための支払いが必要か否か調べてみて欲しい