現金化する目的にて新幹線のチケット等を複数枚購買してしまうこと>カードのキャッシュ化サービスというもの使わないで利用者自らが換金目的のクレジットカードで購入することであっても同じ事と言えます。換金するのを目的としたクレジットのショッピングであると違反扱いとなるためです。必要以上の列車等の乗車チケットであったり切手販売においてのカード使用をすると、最悪の場合換金目的じゃないか??というように警戒されてしまうことなども考えられるので注意することが大切なのです。すでにキャシング利用額というものがフルになっているユーザーのケースには回数券などを購入するだけであってもカード会社の係から電話が来るという事例もあるから、資金がない時のカード払いは出来なくされていると思われます。キャッシュに窮している際に企てることというのはみんな、同様です。クレジットカードの発行会社にとってよくない利用の仕方をすること)話題だった『永久機関』のようなカード発行会社にほんの少しもプラスとなり得ないような正当でない決済をした場合発行会社により強制失効という処理がされる例というのもある。インターネットに話題になったクレジットポイントの不正搾取等の認知されていない秘密の手段などというものが存在したとしても、これらのやり方というのは全てクレジット会社の規約に反する行為なのであるからまずやらないようにしないほうがいいです。失効させられたデータについては信用機関へ流れる》クレジットを没収させられてしまったとしても、ほかのクレジットに関しては利用可能から、一つなら良いのでは?などと考えるあなたこの情報社会にあってはその考え方が命取りになる可能性もあります。というのもまず強制退会になるようなケースの場合になるとカード会社各社が入手出来る信用情報機関というものに内容が記録されてしまうためあなたの信用情報が大幅に下ることがあるのです。保有するだたひとつであってもクレジットを没収させられてしまえば、以後クレジットでも作りにくくなることもありますし、ともすると現在契約しているクレジットカードまで強制失効扱いとなる可能性もなくはないのです。強制退会とならずに引き続き利用できる場合でも期限切れと同時に使えなくなると思われます。兎にも角にも何回も書いていますが、強制退会になる使用方法は絶対にすることがないよう、ルールに則って利用して頂きたいと思います。