カードが不必要になった…そんな時はサービスの使用取りやめの手続きをしてしまいましょう。解説は不要だと知っての上で敢えて説明しますがカートの登録解除とは皆様が所有しているそのクレジットカードを二度と店舗などに行っても購入出来ない状態に戻してしまうことを意味します。こちらの一節の中でクレジットの解約やり方から解約をする時の注意事項などを明快に解説してみました。この項目を理解してもらえば機能停止上の不安を忘れて気楽になっていただけるに違いないと思っています。至極簡単に書くことになりますが、カードを解約するやり方はすごく楽ちんです。「クレカに加入手続きをしたら勝手に使用を中止するのは困難じゃないの?」または「カード会社の契約解除の手順が煩雑だという気がする?」というように考えてしまう会員もいる耳にするが、本当はカードの機械読み取り側に記載してあるコールセンターに電話をしクレジットの契約解除の意志を伝えるのみで簡単に機能停止が可能(たった3分くらいのやり取りで可能)。クレジットを作り入会手続きをする前の段階はあり得ない程億劫だったのに機能停止の申請はただこれで終了しちゃうの?などという風に呆気にとられてしばし呆然とすることだろう。正真正銘契約解除の事務手続きは楽におしまいに出来るのでしょうか?おっしゃる通りです。クレジットカードの使用不可能化の手順は例外的な事例を外すと使用不可能化用の紙も不要な上に執拗に申請が長引いてしまうような面倒もまずありません。ただ「御社の○○カードを無効化したいのですが・・・」などと相手の受付に直接言うことが出来れば十分です。実のところ、私の妻も昔から15枚を越えるクレカを無効化するために連絡を取り続けてきたがただの一回も使用中止においてスムーズに行かなかったような事は体験していないのですからそういった懸念については不安に思わないで欲しい。知人を介して聞いたことによれば無効化を申請電話したところそうしたい理由に関して尋ねられたというという例外的なやり取りがあったが、ただ単に顧客満足度のチェックという雰囲気の軽いやり取りだったとのことでしつこく継続を迫られる事態も知る限りないということです。もし理由を言わなければいけなくなったとしても正直に『予想していたより使わなかったので』もしくは『違う会社のカードの方がお得に思えたので』といった意見を話してしまえばおしまいです