クレジットカードを契約失効ことについてはとても簡単なことではありますが契約解除する手続きを行う前にチェックしておきたい点も忘れないでおくと、クレジットカードの機能停止などもトラブルなしに終わらせることが出来るようになります。箇条書きに整理しましたのでぜひとも確認して役立ててください。カード会社加入を終えた後特別の事情無くいきなり解約を実行するのは非推奨》カード会社申請したのち即手に入れたクレカを契約失効を行ってしまうと信用のない顧客などというようにクレジットカード会社にによって認識されてしまうという事態が起こってしまいます(特殊な例としてしょっちゅう契約⇔試用不可能化を繰り返したというとき)。あり得そうなのは成約時のプリペイドカードのプレゼントの獲得が目的である際ギフト券または優待券などの申請した時の特典を獲得したからすぐにカード無効化の実行をしたいと思うようになってしまう意向も納得できます。とは言えクレジット会社サイドの観点より考えればそのような顧客にはもう会社の与えるクレジットを使って余計なコストを増やしたくないという具合に判断するのは当たり前のことです。それゆえ、仮に申請時のサービス・ポイント以外に魅力を感じずにカードなどを登録した際にも、直ちに失効行わないで最低でも半年、可能であれば1年の間は登録したクレカを契約を破棄せず登録解除はその後に行うことをお薦め致します。一方で入会時の限定特典ということに限定せず何の気なしに作って財布に入れてはみたが使用する機会がないななどと考えてしまう様な時にあっても、発行してから六ヶ月経過するまでは届いたクレジットカードを持ちし続けておいてください。登録するサイドが予想する以上にカードというものを事務作業等を含めて発行するときのマージンというものはかかるものですので、ほんのちょっぴり楽をさせてあげようなどと考えて下さると良いでしょう