クレカ料金の引き落とし不可のケースが頻発している・・・振り替えについて踏み倒しをしていない場合でもクレカ請求額の支払い日に口座残高が不足しているため、カード利用料口座振替が出来ないケースが複数回発生してしまっている場合にはにはクレジットの会社が『慢性的に金欠と推測できる』と判断するため没収となることがある。現金は足りるだけ有しているのについ残高が足りない状態にしてしまった・・・という行為を続けることもクレジットカード発行会社からしてみれば信用できないというクレジットカード会員というステータスになってしまう恐れがあるために、多額の借入をしているかそうでないかということにかかわらず没収になるケースもあるために十分注意しましょうだらしのない人への採点というのはかなりの確率で良くはないのですから。さらに言えば、少なからずこのようなカード請求金額の振り替えが不可能となることがあると、クレカの利用期限切れまで決済でいたとしても継続更新がされないケースことがあります。意味のあるものなのだと把握し、引き落とし日は覚えておくようにして欲しいと思います。クレカ現金化というものを利用してしまう→キャッシング枠がいっぱいになり、もう金融機関から金銭を借りられない場合にクレジットキャッシュ化などと呼ばれるようなクレカのショッピング額を使った術などを使用してしまうとその事実だけでクレジットの強制没収という扱いになってしまうケースもあるようです。発行会社は規約の内容で換金を目的としているクレカ利用は許容していないことから、クレカを現金化する利用=ルール違反=強制没収という処分になったとしても不思議な話ではないのです。ついつい経済状況が厳しいからといってキャッシュ化を使ってしまうと、残高について全額請求というものを頂いてしまうこともあるので、どんなことがあっても関わらないようにしてほしい。