債務整理とは、債務を背負いすぎた場合に支払い不能になり、それをいくらか楽にするために債務を調節して返済を可能にする整理です。

よく知らない場合は借金の滞納へ来てください。

つまりは借金の返済ができなくなった時に、自己破産をする程ではないけれど完済を目指すために、借金の金額を減らしてもらうのです。

自己破産をすると、家や車や最低限の家具以外全ての資産を失いますが、債務整理で失うのは負債と整理金額くらいです。

よくわからない場合は借金 滞納でサポートします。

今まで頑張ってこつこつと返済をしてきたのに、債務整理をして一気に借金がちゃらになると、今までの苦労はなんだったのか、というあっけなさを感じてしまいますが、借金に苦しんでいる人ならばこの債務整理を利用しない手はありません。

自己破産をすると、資産を失うだけではなく官報にも名前が記載されてしまいますし、自己破産をしてから7年は借金もローンも利用ができないので、お金に困った際には生活保護などを受けるか、それが不可能でしたら怪しいところからお金を借りるしかありません。