任意整理とは一般には負債の整理とも呼んでいて、債権を有する者への支払いを続けていくことを選ぶ債務整理の選択のことをいいます。

実際としての流れですが司法書士事務所とか弁護士の有資格者債権者と債務者の間に入って、法に照らして利息の再計算を実行して再度計算した借入金の元金についての年利を削ったことにより3年くらいの期間で返済を目指す債務整理の計画です。

任意での整理は警察等をはじめとする公の機関が処理しないため他の手続きと比較した場合でも手続きしたときの不利になる点が小さく手続きが債務者に一番重荷になりませんので、真っ先に比較するようお勧めする方法となります。

さらに、債権を有する者が街金といったような大変高額な借入金利だった場合は利息を制限した法律が許している金利など以上に渡した借入金利分は借入元金に充当できると判断し元金それ自体を減らしてしまうことだってできます。

なので、ヤミ金業者といったようなとても高額な借入利息のところに何年も返済している例ではかなりのお金を減らせる可能性もありますし10年以上返し続けているケースなら元金そのものが消滅することもあります。

任意の整理の良い点ですが破産と違って一部のお金だけを整理することが可能なため、他に連帯保証人が関連する借金以外だけを整理をしたい場合やクルマのローンを除き整理をしていく際などでも申請することが可能ですし、資産を手放してしまうことは必要とされていないので株式や戸建て住宅などの個人資産を所有しているものの手放したくない状況においても活用できる借金整理の方法になります。

ただし、今後の返済金額と現実として可能な可処分所得を比較して、おおむね返済の目処が立つ場合においては任意による整理の手続きを進めていくほうが良いですが破産申告とは違って負債そのものがなくなるという意味ではありませんので、合計が多い場合には、任意による整理の手続きを進めることは困難であるということがいえるでしょう。